【事例09】「登記と売却」教えて、さかぐち先生【相続事例】

こんにちは、司法書士則武事務所のさかぐちです。
今回は実際則武事務所にご相談ご依頼いただいた相続の事例をご紹介いたします。
相続登記及び後日の売却のご依頼もいただき無事解決した事例です。

親の土地を相続した姉妹

今回のご相談時の状況

  • お母様が先にお亡くなりになっていてお父様がこの度お亡くなりに。土地、建物を相続しました
  • 実家は空き家になってしまった
  • 姉妹で2分の1ずつ相続
  • 数年後に売却した

※実際のご依頼を参考に簡潔にご紹介しております

ねこさん姉妹:「今日は、よろしくお願いします。」
さかぐち先生:「はい、よろしくお願いいたします。この度は、お悔やみ申し上げます。」
ねこさん姉妹:「お心遣い、ありがとうございます。今回は父の残してくれた土地建物の相談で来ました。」
さかぐち先生:「かしこまりました。」
ねこさん姉妹:「そのまま持ち続けて賃貸などで運用をするか、いっそのこと売却か…とっても悩んでます。」
さかぐち先生:「なるほど。現状のままで借りてくれる方がいらっしゃるなら、運用もいいと思います。ただ、固定資産税を払い続ける必要があったり、今ある遺品を整理したりする必要はあります。貸す際には姉妹で物件管理をしたり、家賃を折半にしたりする家賃管理も必要になりますね。」
ねこさん姉妹:「そうですね。少し二人で考えてみますね。」
さかぐち先生:「かしこまりました。売却の場合もお手伝いできますので、おっしゃってくださいね。」
(数年後のある日)
ねこ姉妹さん:「坂口先生、お久しぶりです!私たち決めました。売却しようと思うので、お手続きをお願いしたいと思います。」
さかぐち先生:「そうでしたか、不動産売却に関しましては、合同会社則武地所で行いますので、こちらも改めてまたお任せください!」

司法書士則武事務所の相続手続きはこんなことができます。

  • 相続登記
  • 遺産承継業務
  • 各士業の方のご紹介
  • 不動産売却のご紹介

「相続人が高齢で手続きが難しい」、「仕事をしていて平日は時間が取れず手続きになかなか行けない」そんな方はご相談ください

さかぐち先生今回は実際の事例を元にねこ姉妹さんという架空のご依頼者様の事例をご紹介いたしましたが、司法書士則武事務所のご相談・ご依頼で多いのは「相続人が高齢で手続きが難しい」「仕事をしていて平日は時間が取れず手続きになかなか行けないのでお任せしたい」と言う内容です。
今回のねこ姉妹さんのように「不動産登記申請」など一部の相続手続きをご依頼される方もいらっしゃいますし、相続手続を一括でお受けすることもできます。

相続手続きで困っている…
大変そうな相続手続きになりそうだ…
まず司法書士則武事務所にご相談ください。
来所の相続相談は完全予約制となっておりますので、事前にお電話かホームページのお問い合わせからご連絡ください。
お問い合わせはこちら