【事例03】62年超しの相続登記(遺産分割の調停、審判、相続登記)

62年超しの相続登記(遺産分割の調停、審判、相続登記)~放っておくのは良くない~

相談時の状況
・とある事情で62年前の不動産名義がそのままに。
・相続人は全部で何人か不明
・依頼人は高齢者

単純に、「相続登記をして欲しい」というご依頼だったが、被相続人は62年前に死亡していた。更に、ご依頼人さんも相続人全員を把握できていない状況だった。依頼人は高齢者だったため、一人一人にご説明して話し合うことも困難。弁護士に依頼して、遺産分割を成立させてもらうことに。
 国内、海外を合わせ共同相続人は45人超、手続き途中で亡くなる方も出て、弁護士の調整も大変だった。

大半の相続人はご依頼人さんに相続分の譲渡をして頂いたが、反対する方もいたため、遺産分割調停・審判を経て、ご依頼人さんへの相続登記が完了。